地震に強い家

地震に強い家にこだわります

 

◆全棟耐震等級3(最高)認定取得
◆全棟構造計算実施


静岡県では、南海トラフという巨大地震(マグニチュード8~9)が
30年以内に起きる確率は70~80%と言われています。

弊社ではこのような巨大地震から身を守るためには「地震に強い家」が必要だと考えております。

日本に住んでいる限り、残念ながら地震の恐怖から逃れることができません。
それは数多くの活断層があるからです。

13_2

現在の耐震性能評価では等級3(最高等級)までしかありませんが、
弊社では独自の規定で更に安全・安心な構造設計をし、地震がいつ来てもよいように備えています。

※耐震等級3が認定された住宅は地震保険料が最大50%割引になります。

 

 

地震に強い間取りづくり

大手ハウスメーカーの軽量鉄骨造の建物は箱を積み上げていくように建てていくので
間取りの自由度が低いかわりに高い耐震性能が確保される傾向にあります。
一方、自由な設計が出来る木造住宅では設計士や工務店の考え方が大きく反映されるので
その人次第で地震に強くも弱くもなりえます。

弊社では、地震に強い家づくりを第一優先に考え、
間取り作成の段階から負担がかかりにくい強い木構造を構築していきます。

ただし、木造3階建や巨大な空間を希望の方には重量鉄骨造で検討して頂いております。