高気密・高断熱・パッシブデザイン設計

健康で快適、冬暖かく夏涼しい家づくり

◆全棟温熱等級4(最高)取得 ※長期優良住宅必須
◆全棟温熱計算実施
◆全棟気密検査実施


健康で快適、省エネな住まいを考える時、
最も重要なのが「温熱性能」です。

断熱はしっかりと施工されていればその快適さが一生続きます。
しかし、太陽の光を取り込んだり、高効率な暖房設備を設置して室内を温めても
熱がどんどん逃げてしまっては快適かつ省エネな住まいができません。

快適かつ省エネな住宅にするには、3つのポイントをおさえなければなりません。
それは、
1.断熱
2.気密
3.換気
以上をしっかり計画し、正しい施工をすれば性能の高い住まいが保証されます。

 

パッシブデザイン設計

弊社では自然の力、風や太陽の力を出来る限り利用した
パッシブデザイン設計を大切にしています。

07_3
07_4

パッシブデザインとは:
建築の設計手法の一。特別な機械装置を使わずに、建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境をつくりだす手法です。

パッシブデザインには入念な現地調査が基本になります。太陽光や風の通り、周辺の環境調査はパッシブデザインにおいてとても重要な要素です。