Blog

20200508a

昨日は少し寒かったですが、今日富士山を見るとかなり雪がとけてきました。

コロナウィルスへの不安も富士山の雪の様に徐々に減っていきますように★

 

中西です

 

 

これからの梅雨時期に大活躍のガス衣類乾燥機「幹太君」。

 

「幹太君」はこんな感じです↓

DSC_2560r

 

電気の衣類乾燥機もありますが、ガスだと短時間で乾き、ふっくら具合が全然違います。

電気式乾燥機だとランニングコストは今のところ大差はなさそうですが、

仕上がりがガスよりは劣るのと、時間がかかりそうです。

 

ランニングコストだけ考えれば除湿器を使ったり、エアコンを使ったりする方法もあるとおもいますが、

①洗濯物をハンガーにかける、

②物干場まで距離があれば持っていく、

③位置を変えたりする

④洗濯物をハンガーからとる

の作業が必要になってきます。

 

家族4、5人分の洗濯を毎日するのはかなり大変で時間もかかります。

家は奥さんが洗濯をしてくれますが、共働きになったとしたら確実に僕にも洗濯の業務がまわってくるはずで、

「幹太くーん!」となりそうな気がします。

 

そして、毎日晴れれば良いですが、あー曇った!晴れた!雨ーーー!!!!

相当天気の良い日以外は一日気にしていたり、取り込むのが夕方になると逆に湿ってしまったり・・・。

 

 

 

 

考え方の一つとして、間取りを検討する際に、

共働きで、昼間洗濯しても取り込めないから夜洗濯するという場合など

あえて洗濯の物干スペースを広くせず、衣類乾燥機を設置して、

家の大きさも2坪少なくするという手もあります。

※もちろん、休みで天気の良い日は外に干せばよいと思います。

※幹太君の近くにファミリークローゼットでもよいと思います。

 

そうすると建築費も100万円前後は変わりますし、

その100万円あれば、1日1回使って少なくとも50年分のランニングコストが出る。

※回数だけで考えております。途中で機械は壊れると思いますので買換えは必要になります。

ハンガーにかけたり外したりの作業量がかなり減ります。

又、2坪分の固定資産税が一生かからないなど金銭的なメリットも出てきます。

 

太陽で乾かすことの良さも当然あり、理解しております。あくまでも一例です。

 

 

最近お客様から「幹太君」もしくはガス衣類乾燥機をつけたいという声が多く、

静岡ガスさんでもすごく売れているそうです。

 

ただ、その幹太君も家が完成した後で依頼された場合は、排気ダクトが必要で、壁に穴をブスッっとあけるしか方法はないそうです。

!!!

エアコンもそうですが、高気密施工した住宅でそれは避けたい(どこの家でも避けたいですが)ので、

後々導入する可能性がある場合は先に配管だけでも設置しておきたいところです。

後から無作為にあけた穴の部分は満足いく防水・気密工事を出来ず、雨漏り、壁体内結露の可能性が増え家の寿命に大きく関わるからです。

 

間取りの打合せの際に、どんな生活をしたいのかを聞かせて頂いて、

準備出来るものは準備しておきます。

 

現場では工事部長と静岡ガスさんで「幹太君」の配管工事打合せを行っていました。

写真は幹太君の排気のパーツです。

20200508b

 

価値観やライフスタイルによって変わってくると思いますが、

家を建てる際の参考にしてください。

 

 

では。

 

 

 

 

-地震に強い家専門店-

富士市比奈で「地震に強い」注文住宅を設計・施工する工務店

 

■ 広栄住宅一級建築士事務所

静岡県富士市比奈493-1 

0545-34-1409

 

新築(木造・重量鉄骨造)・リフォームをご検討中の方 

資料請求はお電話か「お問合せ」よりおねがいします