Blog

中西です

 

晴れるとかなり暖かくなってきました。

 

みなさん花粉症は大丈夫でしょうか?

 

 

薬はあまり飲みたくないですが、こればっかりはしょうがなく・・・

 

それでも目はそこそこかゆいですが、これから花や緑が多くなってくるのを

 

見ていくのが楽しみです!

 

 

さて、富士市で進行中の現場ではナラの床材が仕上がりました

 

20190218b

 

日が差し込んでいい感じです。

 

無垢の床は肌ざわりが良く、経年で味が出てくるのが最大の魅力だと思います。

 

ナラのように硬さのある床や、傷はつきやすいですが踏みごこちが柔らかく

 

冬場の冷たさが少ない樹種も含め色んな床材があります。

 

それぞれの特徴を考えながら自分に合ったものを選ぶとより愛着がわくと思います。

 

メンテナンスをしたい方、なるべく減らしたい方など色々対応が出来ます。

 

 

 

 

窓、断熱材を施工したのですが、まだ完全に閉じていないのに現場が暖かいのに感動します。

 

 

窓は断熱性能と耐久性の両方を考慮した、

 

樹脂×アルミ複合サッシ、リクシル(トステム)さんの最上級モデルのサーモスXです。

 

海が近くて、日照時間の長い(特に冬場)の富士市付近では

 

このブログを書いている時点では、色々な事例からしても

 

オール樹脂サッシではなく耐久性を兼ね合わせた樹脂アルミ複合サッシをオススメしています。

 

 

断熱性能の数字だけ見ると樹脂サッシ3枚ガラスですが、

 

サーモスX(樹脂アルミ複合)の3枚も実は断熱性能はそこまで劣っていません。

 

 

これは設計者の考え方に大きく左右されるので意見は分かれると思いますが

 

家は長期戦ですので耐久性も重視したいと思います。

 

大事なのはずっと安全・安心・快適に住めるということです。

 

 

 

 

 

又、外側では外壁を張る準備が出来ました

 

20190218a

 

金属サイディングを施工していきますが

 

その取付け下地、木が見えている部分は湿気を逃がすために

 

すき間をあけて施工していきます。

 

 

このすき間をあけず閉じたままの施工が多く見られますが、

 

壁体内の湿気を逃がすために、必ず下から上、さらに屋根まで

 

すき間がつながっていないと湿気がたまり木材が腐りやすくなります。

 

又、万が一侵入した雨水なども下に落ちていきませんので

 

マニュアルにもあるようにきちんとした施工が大切です。

 

 

 

では

 

 

 

 

-地震に強い家専門店-

富士市比奈で「地震に強い」注文住宅を設計・施工する工務店

 

■ 広栄住宅一級建築士事務所

静岡県富士市比奈493-1 

0545-34-1409

 

新築(木造・重量鉄骨造)・リフォームをご検討中の方 

資料請求はお電話か「お問合せ」よりおねがいします