Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 持家を売るときに知っておきたいお金の制度

DSC_2339

 

去年の年末の祝日に子供達を連れて市内にある大棚の滝のバンジージャンプにいってきました

 

わきで様子を見る娘と息子

 

こわっ!!

 

もちろんコワイので見学のみです。

 

 

中西です

 

DSC_2327

 

上からみるとこれですよ!

 

正気じゃないw

 

しかもわずか数十秒で死にそうな思いをして1万円って。。。

 

わからんー!!

 

 

でも祝日ともあって飛ぶ人は何人も待っていました。

 

 

 

 

話は表題に戻りますが、マイホームを売るときは色々しらないと

 

僕にとってのバンジージャンプの様な怖いことになります。

 

先日、持家を売りたいお客様の所で会話した内容をシェアします!

 

※細かく書きすぎると複雑なので、いつも通りなるべく簡易に解説します。

 

 

 

持家を売る場合、利益が出る場合は税金がかかります。

 

「でも土地の値段が上がらないこの時代に利益って出るの?」

 

と言われそうですが、確かに値上がりする土地は大都市以外ではあまりありません。

 

 

 

税金がかかる場合(利益が出ている場合)、譲渡所得と言われますが、

 

譲渡所得=❶譲渡(売買)価格-❷取得費-❸譲渡費用-❹特別控除額

 

で計算されます。

❶は実際に買主に売った値段

❷はその売った物件を買った値段

❸今回マイホームを売るのにかかった、認められている費用

❹マイホームの場合は3000万円

 

??そもそも利益なんか出ることがあるの?

??3000万円の控除があればほとんどの場合課税されないんじゃない?

 

 

??そもそも利益なんか出ることがあるの?

 

→ 一番多いケースですと、親が子供の家で暮らすために、ずっと住んできた持家を売る場合で、

土地や建物を購入した契約書等が残っていない、もしくは土地は相続していてお金がかかっていない場合です。

上記の❷で引ける取得費がほとんどないので、売却金額のほとんどに税金がかかってしまうケースがあります。

 

 

 

??3000万円の控除があればほとんどの場合課税されないんじゃない?

 

→ はい、富士市でよほど広い土地や家ではない限り、マイホームを売るときに

利用出来る3000万円の控除があれば税金がかかることはありません。

 

 

 

しかし、制度なので条件があります。

 

他にも色々ありますが、おさえておきたいのは

 

●住まなくなった3年後の12月31日までに売ること。

●家屋を取り壊した日から1年以内に締結され、かつ、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ること。

 

 

 

以前、引越もかなり前に終えて、更地にした状態で自宅だった土地を売りたいと依頼を頂いた方が新規にいらっしゃったことがありました。

 

上記の制度をご存じなかったので、

 

本当は→ 売値1700万円-3000万円の控除=課税価格なし

 

だったのに、1700万円にほとんど税金がかかり、300万円近くの税金を納めることに・・・。

 

 

きちんとした方がどんどん先に解体や引っ越しをされる場合が多いですが、

 

制度を前もってよく確かめるか、きちんとアドバイス頂ける方に、一番最初に相談できたら車でも買えたかもしれません。

 

重要なのは自分で動く前に一番最初に確認しておくことです。

 

もちろん、全てを理解して制度を利用しないのも自由ですが。

 

 

 

この他にも色々な制度があります。

 

きちんとした情報で一生懸命働いたお金を有効に利用して下さい。

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

-地震に強い家専門店-

富士市比奈で「地震に強い」注文住宅を設計・施工する工務店

 

■ 広栄住宅一級建築士事務所

静岡県富士市比奈493-1 

0545-34-1409

 

新築(木造・重量鉄骨造)・リフォームをご検討中の方 

資料請求はお電話か「お問合せ」よりおねがいします