Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 見えないところで雨漏りしているかもしれません

代表鈴木です。

 

 

夏が終わろうとしていますが、こんな蒸し暑い夏はなかったように感じています。

 

これからの夏の必需品はエアコンになると思います。

 

省エネ性能を上げるために断熱や気密に配慮した住まいづくりが必要となってきます。

 

かと言って、

 

初期投資にお金をあまりかけてはいけないと思います。

 

 

今日は、

 

「こんなところから雨が侵入していました。」という事例を見ていただきます。

 

o1500112514255295184

 

バルコニーの手すり下の外壁に錆らしきものが垂れていました。

 

手すりとコの字でできているアルミカバー(笠木)を取り外してみました。

 

o1500112514255295416

 

すると

 

o1500112514255295487

 

 

手すりと笠木を留めていた金具に錆が発生していました。

 

原因は、

 

手すりを取り付ける時、笠木に穴を開けてパイプを通します。

 

その穴の隙間から雨が長時間かけて侵入し、その影響で金具の一部が錆びて外壁に流れたようです。

 

改めて施工しなおしました。

 

笠木の下は雨水が部屋の中に入らないようになっていますので心配はありませんが、

 

施工会社によっては、入っているかもしれません。

 

水が入っていても少量ですのでわからないと思います。

 

築10年のお宅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

-地震に強い家専門店-

富士市比奈で「地震に強い」注文住宅を設計・施工する工務店

 

■ 広栄住宅一級建築士事務所

静岡県富士市比奈493-1 

0545-34-1409

 

新築(木造・重量鉄骨造)・リフォームをご検討中の方 

資料請求はお電話か「お問合せ」よりおねがいします